対外発表
List of academic achievements of conference of publications

このページについて

このページは, 国際発表, 国内研究会発表など, 当研究室在籍の学生の発表成果等について記載していきます.(最終更新日:2016年9月16日)
戸出先生の全研究業績はこちら
谷川先生の全研究業績はこちら

Published Papers / 発表論文

in English (Refereed)

  1. Kohei Omori, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode, `` Power-Saving Method of Wireless Stations based on Adaptive Control of Bidirectional Burst Transmission in Wireless LANs ,'' IEICE Trans. Commun., EB, 2017 (Accepted).
  2. Masayuki Kakida, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode, `` Multi-Criteria Breadcrumbs Scoping: Multiple Constraint-Based Distribution Methods of In-Network Guidance Information in Content-Oriented Network ,'' IEEE Transactions on Network and Service Management, 13 pages, 2016(Accepted).
  3. Kazuhiko Kinoshita, Natsuki Inoue, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode, and Takashi Watanabe, `` Fair Routing for Overlapped Cooperative Heterogeneous Wireless Sensor Networks ,'' IEEE Sensors Journal, 9 pages, 2016(Accepted).
  4. Yutaro Inaba, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode, ``Content Retrieval Method in Cooperation with CDN and Breadcrumbs-based In-network Guidance Method ,'' IEICE Trans. Commun., Vol.E99-B, No. 5, 10 pages, May 2016(Accepted).
  5. Shiori Yoshioka, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Smart Packet Transmission Scheduling combined with Rate Adaptation for Enhancing Total Throughput against Channel Fading in Wireless LAN ,''
    IEICE Trans. Commun, Vol.E98-B,No.12,12 pages, Dec. 2015
  6. Hirokazu Miura, Hirokazu Taki, and Hideki Tode,
    `` Effective Life and Area Based Data Storing and Deployment in Vehicular Ad-Hoc Networks ,''
    Communications and Network, Scientific Research Publishing, 12 pages, 2015
  7. Kevin Pognart, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode,
    `` A Comparative Study of Keyword-Based Search Features in Content-Oriented Networks ,''
    IARIA International Journal on Advances in Internet Technology. , vol.8 no.1&2, pp.41-49, June 2015.
  8. Kento Nishii, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    ``A Participating Fine-Grained Cloud Computing Platform with In-Network Guidance ,''
    IEICE Trans. Commun. , vol.E98-B, no.6, pp.1008-1017, June 2015.
  9. M. Takada, A. Fukushima, Y.Tanigawa, and H. Tode,
    `` Optical Network Management System for Instant Provisioning of QoS-aware Path and its Software Prototyping with OpenFlow ,''
    IEICE Trans. Commun. , vol.E97-B, no.7, July. 2014.
  10. Christophe Michard, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Deployment of the Content-based Switching Network ,''
    Communications and Network, Scientific Research Publishing , vol.6, no.1, pp.29-42, Feb. 2014.
  11. Masayuki Kakida, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    ``Active Breadcrumbs: Adaptive Distribution of In-network Guidance Information for Content-Oriented Networks,''
    IEICE Transaction Special Section on Internet Architectures, Protocols, and Management Methods that Enable Sustainable Development ,vol.EB96-B, pp.1670-1679, July, 2013.
  12. Yohei Okamoto, Y. Tanigawa, H. Tode,
    `` High-Quality P2P Video Streaming System Considering the Cooperation of Constitution Information and Delivery Status ,''
    IEICE Trans. Commun. Special Section on New Paradigm on Content Distribution and Sharing, vol.EB94-B, no.10, pp.2732-2740, Oct. 2011.
  13. Y.Tanigawa, J.O.Kim, and H. Tode, `` Delay-Sensitive Retransmission Method based on Network Coding in Wireless LANs ,''
    IEICE Trans. Commun., vol.E93-B, no.12, pp.3345-3353, Dec. 2010.

in Japanese (Refereed)

  1. ミシャル クリストフ, 谷川陽祐, 戸出英樹,
    `` コンテンツベース交換網:電気的中継処理を抑制する柔軟なトランスルーセント光ネットワークの構成法 ,''
    電子情報通信学会論文誌 JB, vol.J97-B, No.2, Feb. 2014 (to be published).
  2. 坂尻康隆, 谷川陽祐, 戸出英樹,
    `` 情報収集型サーバにおける受信バッファサイズ共有とTCPコネクション数の調整に基づくQoS制御 ,''
    電子情報通信学会論文誌 JB(採録決定).
  3. 川橋 裕,阪上竜太,戸出英樹,
    ``ファイル共有ソフトウェア利用検出システムの精度向上と運用支援法,''
    電子情報通信学会論文誌 JD(採録決定).
  4. 柿田将幸, 谷川陽祐, 戸出英樹,
    `` Breadcrumbs+ : コンテンツ流通網におけるインネットワーク誘導のための改良型Breadcrumbs方式 ,''
    電子情報通信学会論文誌 スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ特集号, Vol.J94-B, no.10, Oct. 2011.

International Conference (Refereed) / 国際会議

2017年度

  1. Shota Tatsukawa, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode, `` Multi-Objective Group Organization Methods in Online Elderly Watching System of Local Community ,'' Proceedings of IEEE ICC 2017, 7 pages, Paris, France, May 2017 (Accepted).

2016年度

  1. H. Nakano, Y. Tanigawa, and H. Tode, `` Optical Virtual Network Configuration Method for Tightly Coupling Big Data and Peripheral Computer Resources ,'' Proceedings of IEEE CCNC 2017, Workshop-Edge Computing, pp.165-171, Las Vegas, USA, Jan. 2017.
  2. S. Dejima, Y. Tanigawa, and H. Tode, `` Hop Counts Reduction of ZigBee Nodes by Cooperating Wireless LAN in ZigBee Network ,'' Proceedings of IEEE CCNC 2017, Selected Topics in Consumer Commnications and Networking II, pp.886-891, Las Vegas, USA, Jan. 2017.
  3. K. Omori, Y. Tanigawa, and H. Tode, `` Power-Saving for Wireless Stations using RTS/CTS Handshake and Burst Transmission in  Wireless LANs ,'' Proceedings of IEEE CCNC 2017, Mini-Conference: Work-in-Progress VII, pp.709-712, Las Vegas, USA, Jan. 2017.
  4. T. Toda, Y. Tanigawa, and H. Tode, `` Autonomous and Distributed Construction of Locality Aware Skip Graph ,'' Proceedings of IEEE CCNC 2017, Mini-Conference: Work-in-Progress III, pp.33-36, Las Vegas, USA, Jan. 2017.
  5. Kevin Pognart, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode, `` Keyword-Based Search Feature Using Keyword-Based Breadcrumbs and Independent Search and Merge for Content-Oriented Networks ,'' Proceedings of the 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications" (ITC-CSCC 2016), Okinawa, Japan, July 2016(Accepted).
  6. Yutaro Inaba, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode, `` Content Retrieval Method in Cooperation with CDN and Breadcrumbs Scoping on Domain ,'' Proceedings of the 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications" (ITC-CSCC 2016), Okinawa, Japan, July 2016(Accepted).
  7. Masaki Osako, Yosuke Tanigawa, Yusuke Hirota, and Hideki Tode, `` High Speed Multipath Computation Algorithm for Optical Circuit and Packet Switching Integrated Network ,'' Proceedings of 17th IEEE International Conference on High Performance Switching and Routing (HPSR) 2016, 2 pages, Yokohama, Japan, June 2016(Accepted).

2015年度

  1. Kevin Pognart, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode,
    `` The Impact of Active Breadcrumbs on Keyword-Based Breadcrumbs ,''
    Proceedings of 11th International Conference on Knowledge Magagement (ICKM 2015) , 6 pages, Osaka, Japan, Nov. 2015
  2. Hirokazu Miura, Hideki Tode, and Hirokazu Taki,
    `` Message Replying Method using Node Location Advertisement in VANETs ,''
    Proceedings of 11th International Conference on Knowledge Magagement (ICKM 2015) , 6 pages, Osaka, Japan, Nov. 2015
  3. Yutaro Inaba, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Content Retrieval Method in Cooperation with CDN and ICN-based In-network Guidance Over IP Network ,''
    Proceedings of 40th Annual IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2015), Short Paper, 4 pages, Clearwater Beach, Florida, USA, Oct. 2015
  4. Christophe Michard, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` User-side Flooding for Query Distribution in Breadcrumbs-based Content-Oriented Network and its Experimental Evaluation ,''
    Proceedings of APSITT 2015, Selected Session, SS-6-4 , 3 pages, Aug. 2015.
  5. Yutaro Inaba, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` An Effect of Combining CDN with Reactive In-network Guidance Method ,''
    Proceedings of APSITT 2015, Selected Session, SS-6-2, 3 pages, Aug. 2015.
  6. Kohei Omori, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` A Study on Power Saving using RTS/CTS Handshake and Burst Transmission in Wireless LAN ,''
    Proceedings of APSITT 2015, Selected Session, SS-5-1, 3 pages, Aug. 2015.
  7. Hideki Tode, Masashi Takada, and Yosuke Tanigawa,
    `` Multi-tiers Route Design Coordinating QoS-specific K Shortest Paths over Optical Network ,''
    Proceedings of IEEE ICC 2015, Workshop on Smart Communication Protocols and Algorithms, SCPA-03, 15 , 6 pages, London, UK, June 2015.
  8. Yosuke Tanigawa, Satoshi Hirai, and Hideki Tode,
    `` Lightweight Data Transfer unified with Active Localization and Robust Routing in Underwater Networks ,''
    Proceedings of IEEE ICC 2015, Workshop on Radar and Sonar Networks , 6 pages, London, UK, June 2015.
  9. Motohiro Kanza, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` A Study on Multipath Design Method Considering Traffic Load Balance based on Genetic Algorithm ,''
    Proceedings of the Workshop on New Directions of Evolutionary Computation and Intelligent Systems at the 2015 IEEE International Congress on Evolutionary Computation, Poster Session 2 , p.27, Sendai, Japan, May 2015.

2014年度

  1. Taku Teramura, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Adaptive Channel Selection Control Equalizing Sojourn Time of Sending Packets inside Wireless Stations in Wireless Access Networks ,''
    Proceedings of IEEE CCNC 2015, Wireless Communications II , 6 pages, Las Vegas, USA, Jan. 2015.
  2. Shiori Yoshioka, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Higher Rate Packet Transmission Scheduling for Enhancing TCP performance by Smoothing of Queuing Time ,''
    Proceedings of IEEE CCNC 2015, Mini-Conference-Wireless Communications , 7 pages, Las Vegas, USA, Jan. 2015.
  3. Kevin Pognart, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode,
    `` Keyword-Based Breadcrumbs: A Scalable Keyword-Based Search Feature in Breadcrumbs-Based Content-Oriented Network ,''
    Proceedings of Sixth International Conference on Advances in Future Internet (IARIA AFIN 2014) , pp.20-25, Lisbon, Portugal, Nov. 2014.
  4. Masayuki Kakida, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Constraint-Based Distribution Method of In-Network Guidance Information in Content-Oriented Network ,''
    Proceedings of Sixth International Conference on Advances in Future Internet (IARIA AFIN 2014), pp.39-47, Lisbon, Portugal, Nov. 2014.
  5. Hideki Tode and Shuta Kohama,
    `` Two-Tier Optimized Network Design for IP-Optical Layer Integration ,''
    Proceedings of 40th European Conference and Exhibition on Optical Communication (ECOC 2014), Poster Session , 3 pages, Cannes, France, Sep. 2014.
  6. Yuta Umeno, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Dynamic Multi-Rate Parallel Transmission for Power Saving of Stations in Wireless LAN Multicast ,''
    Proceedings of IEEE SECON 2014, Poster Session , 3pages, Singapore, June 2014.
  7. Hiroshi Domura, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Dynamic Time-Shift Scheduling of Periodical Traffic in Wireless Sensor Network ,''
    Proceedings of IEEE SECON 2014, Poster Session , 3pages, Singapore, June 2014.
  8. Wataru Kishigami, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
    `` Robust Data Gathering Method using Controlled Mobility in Underwater Sensor Network ,''
    Proceedings of IEEE SECON 2014), Poster Session , 3pages, Singapore, June 2014.
  9. Hideki Tode, Kento Nishii, and Yosuke Tanigawa,
    `` A Participating Fine-Granular Cloud Computing Platform with In-Network Guidance ,''
    Proceedings of IEEE ICC 2014, SAC-CC-03, 6pages, Sydney, Australia, June 2014.

2013年度

  1. K. Nishii, Y. Tanigawa, and H. Tode,
    `` Decentralized Resource Sharing Platform Exploiting In-Network Guidance Information ,''
    Proceedings of IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2014),Decentralized Resource Sharing Platform Exploiting In-Network Guidance Information , 6 pages, Las Vegas, Nevada USA, Jan. 2014 (accepted).
  2. C. Michard, Y. Tanigawa, and H. Tode,
    `` Content-based Switching Network: A Flexible Architecture for Future Content Distribution Optical Networks ,''
    Proceedings of 3PGCIC 2013, Second International Workshop on Middleware for Large Scale Distributed Systems (MiDiS 2013), , Compiegne, France, Oct. 2013.
  3. S. Yoshioka, Y. Tanigawa, and H. Tode,
    `` Packet Transmission Scheduling for Enhancing Total Throughput Against Channel Fading in Wireless LAN ,''
    Proceedings of the 38th Annual IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2013) , 6 pages, Sydney, Australia, Oct. 2013.
  4. Y. Sakajiri, Y. Tanigawa, and H. Tode,
    `` Adaptive QoS Control Adjusting Receive Buffer Sizes and Parallel TCP Connections on Information Gathering Server ,''
    Proceedings of the 38th Annual IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2013), Poster session,, 4 pages, Sydney, Australia, Oct. 2013
  5. Akira Fukushima, Masashi Takada, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    ``Prototype Implementation and Verification of Optical Network Management System Providing QoS-AwareWavelength Path Set-up Using OpenFlow,''
    Proceedings of Photonics in Switching 2013 (PS 2013) Poster session, 2 pages, Kyoto, Japan , June 2013.
  6. Hideki Tode, Kenji Tada, and Shuta Kohama,
    `` Ameba Network Architecture based on Advanced Multi-Layer Network and Its Configuration Algorithm ,''
    Proceedings of IEEE ICC 2013, NGN, pp. 3481-3486, Budapest, Hungary, June 2013.

2012年度

  1. S. Hirai, Y. Tanigawa, and H. Tode,
    ``Integration Method between Localization and Routing in Underwater Sensor Network,''
    Proceedings of the 6th IEEE/IFIP International Workshop on Ubiquitous UnderWater Sensor Network (UUWSN 2012) in conjunction with the 10th IEEE/IFIP International Conference on Embedded and Ubiquitous Computing (EUC 2012), Paphos, Cyprus, 5pages , Dec. 2012.
  2. Y. Tanigawa, S. Matsuda, and H. Tode,
    ``Adaptive Channel Selection Control Saving Its Redundant Usage Based on Hidden Stations in Wireless Access Networks,''
    Proceedings of the 37th IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2012), the 12th IEEE International Workshop on Wireless Local Networks (WLN 2012), Clearwater, USA, pp.765-770, Oct. 2012.
  3. Masayuki Kakida, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    ``Active Breadcrumbs: Aggressive Distribution Method of In-network Guidance Information for Content-Oriented Networks,''
    Proceedings of Local Computer Networks 2012 (LCN2012) Poster session, pp. 184-187, Florida, USA, October 2012.
  4. Shuta Kohama, Kenji Tada and Hideki Tode,
    ``Ameba Node Configuration Method Enabling Flexible Change of Logical Network Topology,''
    Proceedings of Photonics in Switching 2012 (PS2012) Poster session, Corsics, France, September 2012.
  5. Masashi Takada, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    ``QoS-Aware Wavelength Path Set-up Method Using Multiple Overlay in Optical Network Management System,''
    Proceedings of Photonics in Switching 2012 (PS2012) Poster session, Corsics, France, September 2012.
  6. Yuya Narikawa, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Positive Localization for a P2P Content Distribution System on All Optical Network ,''
    Proceedings of The 10th International Conference on Optical Internet (COIN2012) , Yokohama, Japan, May 2012.

2011年度

  1. Kei Ito, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Distribution Method of In-network Guidance Information for Inter-AS Content-Oriented Network Topology ,''
    Proceedings of World Telecommunications Congress 2012 (WTC2012), Miyazaki, Japan, March 2012.
  2. Michard Christophe, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Content-based Switching Network: Enabling Intermediate Buffering in Circuit-switched Networking to Improve Networks Global Efficiency ,''
    Proceedings of World Telecommunications Congress 2012 (WTC2012) Poster Session, Miyazaki, Japan, March 2012.
  3. Masayuki Kakida, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Distribution Method of In-network Guidance Information for Inter-AS Content-Oriented Network Topology ,''
    Proceedings of World Telecommunications Congress 2012 (WTC2012) Poster Session, Miyazaki, Japan, March 2012.
  4. Shintaro Matsuda, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Adaptive Channel Selection Control Resolving Hidden Station Problem in Wireless Access Networks ,''
    Proceedings of World Telecommunications Congress 2012 (WTC2012) Poster Session, Miyazaki, Japan, March 2012.
  5. Yosuke Tanigawa, Seiji Tanabe and Hideki Tode,
    `` Selective retransmission with network coding based on restricted block ACK information in wireless LAN multicast ,''
    Proceedings of IEEE CCNC 2012, Work in Progress Track, 2pages , Las Vegas, USA, Jan. 2012.
  6. Hideki Tode, Syogo Takagi and Yosuke Tanigawa,
    `` BitTorrent over Optical Network - A Content Distribution Platform in cooperation with P2P and OCS Network - ,''
    Proceedings of IEEE Globecom 2011, 5 pages, Huston, USA, Dec. 2011.
  7. Yosuke Tanigawa, Jong-Ok Kim and Hideki Tode,
    `` QoS-Aware Retransmission with Network Coding based on Adaptive Cooperation with IEEE 802.11e EDCA ,''
    Proceedings of IEEE Globecom 2011, 5 pages, Huston, USA, Dec. 2011.
  8. Michard Christophe, Y.Tanigawa and H.Tode,
    `` Content-based Switching Network. An Architecture for Future Networks l,''
    Proceedings of OECC 2011, Poster Session, 7P3-118, Kaohsiung, Taiwan, July 2011.
  9. Masayuki Kakida, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    ``Breadcrumbs+ : Some Extensions of Naive Breadcrumbs for In-network Guidance in Content Centric Networks,''
    Proceedings of the 2011 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011), Workshop#5 IC-Web, , pp.376-381, Munich, Germany, July 2011.

2010年度

  1. Yohei Okamoto, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` High-Quality P2P Video Streaming System Considering the Cooperation of Constitution Information and Delivery Status ,''
    Proceedings of IEEE CCNC 2011, T1-4: Multimedia & Entertainment Networking and Services II, 5pages, Las Vegas, USA, Jan. 2011.
  2. Syogo Takagi, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Content Distribution System based on Adaptive Cooperation between P2P and OCS Network ,''
    Proceedings of IEEE CCNC 2011, M1-7: Peer-to-Peer Networking and Content Distribution, 2pages, Las Vegas, USA, Jan. 2011.
  3. Yosuke Tanigawa, Jong-Ok Kim and Hideki Tode,
    `` Delay-Sensitive Retransmission Method based on Network Coding in IEEE 802.11 Wireless LANs ,''
    Proceedings of IEEE Globecom 2010, 5 pages, Miami, USA, Dec. 2010.
  4. Yosuke Tanigawa, Jong-Ok Kim and Hideki Tode,
    `` Retransmission Method with Network Coding based on Reordering Delay in Wireless LAN ,''
    Proceedings of 8th IEEE International Conference on Industrial Informatics (INDIN 2010), SS8-2-2, 6 pages, July 2010.
  5. Hideki Tode and Takeru Hiraishi,
    `` BitTorrent with Support Nodes for Provider-Initiated P2P Services ,''
    Proceedings of 8th IEEE International Conference on Industrial Informatics (INDIN 2010), SS10-2-3, 6 pages, July 2010.
  6. Jong-Ok Kim, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Enhancing Downlink Multimedia QoS in WiFi Hotspot Networks ,''
    Proceedings of 8th IEEE International Conference on Industrial Informatics (INDIN 2010), SS10-2-1, 6 pages, July 2010.
  7. Hirokazu Miura, Satoshi Kakeda, Hideki Tode, Hirokazu Taki,
    ``Popularity-based Probabilistic Data Deployment in Vehicular Ad-HocNetworks ,''
    Proceedings of 8th IEEE International Conference on Industrial Informatics (INDIN 2010), SS10-1-3, 6 pages, July 2010.

2009年度

  1. Takeru Hiraishi and Hideki Tode,
    `` Configuration Method of P2P Network System with Transfer Support Nodes ,''
    Proceedings of International Conference on Multimedia, Information Technology and its Applications(MITA 2009), PB-08, pp.311-312, Osaka, Aug. 2009.
  2. Masaki Sakakibara, Yosuke Tanigawa and Hideki Tode,
    `` Highly Reliable TCP Transfer Method with Error Correction Technology ,''
    Proceedings of International Conference on Multimedia, Information Technology and its Applications(MITA 2009), PB-12, pp.321-322, Osaka, Aug. 2009.

研究会

    2016年度

    1. 端野宏太郎 (阪府大),廣田悠介 (阪大),谷川陽祐,戸出英樹 (阪府大), `` 空間分割多重型エラスティック光網における使用禁止領域を導入したクロストークアウェアな周波数資源割当 ,'' 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 第13回学生ワークショップ, 2, 4 pages, 2017年3月.

    2. 小田悠太郎,谷川陽祐,戸出英樹 (阪府大), `` サービスチェイニングのための網内誘導技術に基づくVNF探索 ,'' 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 第13回学生ワークショップ, 7, 4 pages, 2017年3月.

    3. 大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大), `` 光パケット・光パス統合網における光パケットのトラヒックオフローディング手法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 498, PN2016-89, pp. 31-35, 2017年3月.

    4. 橋本剣一・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 情報指向ネットワークにおけるインネットワーク誘導情報の適応的配布制御 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-159, pp. 13-18, 2017年3月.

    5. 稲場裕太郎・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` CDNとBreadcrumbs方式の連携制御におけるキャッシング特性分析に基づくコンテンツ取得法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-160, pp. 19-24, 2017年3月.

    6. 戸田貴裕・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 低遅延なスキップグラフ構築のためのノード間の距離関係を考慮した論理リンク構成法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-199, pp. 241-246, 2017年3月.

    7. 大森康平・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 複数無線LANが相互干渉する環境における同時伝送の可否判定に基づく端末局省電力手法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-230, pp. 417-422, 2017年3月.

    8. 天津惟央・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` スマートメータネットワークにおける電池交換コスト削減のための計画的交換を指向した経路制御法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-233, pp. 433-438, 2017年3月.

    9. 立川翔太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` [奨励講演]地域高齢者見守りネットワークにおける多様性のあるグループ編成法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 428, NS2016-142, pp. 7-12, 2017年1月.

    10. 端野宏太郎(阪府大)・廣田悠介(阪大)・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` [ポスター講演]空間分割多重型光ネットワークにおける使用禁止領域を導入したクロストークアウェアな周波数資源割当手法の検討 ,'' 第3回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ, p.41, 2017年1月.

    11. 立川翔太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` [ポスター講演]地域高齢者見守りネットワークにおける多様性のあるグループ編成法の検討 ,'' 第3回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ, p.49, 2017年1月.

    12. 天津惟央・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` スマートメータネットワークにおける電池の計画的交換を考慮した経路制御法の提案 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 382, NS2016-134, pp. 83-88, 2016年12月.

    13. 稲場裕太郎・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` CDNとBreadcrumbs方式の連携制御に基づくコンテンツ取得法とキャッシング特性の分析 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 322, NS2016-102, pp. 7-12, 2016年11月.

    14. 大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大), `` 光パケット・光パス統合網における光パス資源の利用状況を考慮した光パケットオフローディング手法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 322, NS2016-111, pp. 55-60, 2016年11月.

    15. 中野啓太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光仮想ネットワーク構成と資源配分法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 322, NS2016-117, pp. 91-96, 2016年11月.

    16. 西田侑太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` [ポスター講演]無線LANにおけるユニキャスト/マルチキャストのフロー種別とチャネル品質に基づく送信スケジューリング ,'' 信学技報, vol. 116, no. 256, NS2016-92, pp. 23-28, 2016年10月.

    17. 前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大), `` 光パケット・光パス統合網における早期予測に基づくオフローディング制御の検討 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 205, PN2016-21, pp. 41-44, 2016年9月.

    18. 出島誠也・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` ZigBeeネットワークにおける無線LAN通信の併用によるZigBeeノードの負荷軽減 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 146, NS2016-69, pp. 97-102, 2016年7月.

    19. 立川翔太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 地域高齢者見守りネットワークにおけるグループ編成法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 44, NS2016-23, pp. 53-58, 2016年5月.

    20. 戸田貴裕・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` スキップグラフにおけるノードの空間的局所性を考慮したメンバシップベクトル割当法 ,'' 信学技報, vol. 116, no. 8, NS2016-6, pp. 25-30, 2016年4月.

    2015年度

    1. 大砂古 雅喜, 谷川 陽祐(阪府大), 廣田 悠介(阪大), 戸出 英樹(阪府大) , `` 光回線・パケット交換統合網における複数経路算出法の高速化 ,'' 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 第12回学生ワークショップ, 3, 3 pages, 2016年3月(プレゼンテーション賞受賞).

    2. 中野 啓太, 谷川 陽祐, 戸出 英樹(阪府大) , `` ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光仮想ネットワーク構成法の評価 ,'' 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 第12回学生ワークショップ, 5, 3 pages, 2016年3月(プレゼンテーション賞受賞).
    3. 岸上 渉・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` Underwater Sensor Networksにおける測定データの到達性能とエリア被覆性能を両立させるノードの移動制御手法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-197, pp. 167-172, 2016年3月.
    4. 堂村裕史・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) , `` 無線センサネットワークにおける緊急パケット伝送手法の検討 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-221, pp. 309-312, 2016年3月.
    5. 梅野祐太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` マルチキャスト/ユニキャストフローが混在する無線LANにおける効率的通信のためのパケット伝送スケジューリング法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-251, pp. 483-488, 2016年3月.
    6. 大森康平・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) , `` 無線LANにおける双方向バースト伝送長の適応制御に基づく端末局省電力化手法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 368, NS2015-142, pp. 89-94, 2015年12月.
    7. 中野啓太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) , `` ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光仮想ネットワーク構成法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 326, NS2015-113, pp. 15-20, 2015年11月.
    8. 勘座基弘・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) , `` 遺伝的アルゴリズムに基づく主経路と迂回経路のトラヒック負荷を段階的に均等化する網設計法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 312, PN2015-27, pp. 25-28, 2015年11月.
    9. 岸上 渉・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` Underwater Sensor Networkにおけるデータ測定領域に着目したノードの移動制御法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 251, NS2015-97, pp. 55-60, 2015年10月.
    10. 堂村裕史・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 無線センサ網における周期的トラヒック間の位相を均等化する高品質なデータ収集法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 251, NS2015-99, pp. 67-72, 2015年10月.
    11. 稲場裕太郎・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` CDNとBreadcrumbs方式の連携制御に基づくコンテンツ取得法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 209, NS2015-80, pp. 53-58, 2015年9月.
    12. 大森康平・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 無線LANにおけるバースト送信長と送信禁止期間の適応制御に基づく端末局省電力化手法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 159, NS2015-63, pp. 153-158, 2015年7月.
    13. 天津惟央・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 複数のシンクが稼働するスマートメータネットワークにおける動的なシンク切替手法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 159, NS2015-66, pp. 169-174, 2015年7月.
    14. 勘座基弘・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 遺伝的アルゴリズムに基づくトラヒック負荷を均等化するマルチパス設計法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 92, NS2015-30, pp. 5-8, 2015年6月.
    15. 大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大), `` 光回線・パケット交換統合網における高速な複数経路算出手法 ,'' 信学技報, vol. 115, no. 94, PN2015-1, pp. 1-4, 2015年6月.

    2014年度

    1. 勘座基弘・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) ,
      `` 遺伝的アルゴリズムに基づくトラヒック負荷を均等化するマルチパス設計法 ,''
      電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 第10回学生ワークショップ , 3 pages, 2015年3月.
    2. 寺村 拓, 谷川 陽祐, 戸出 英樹(阪府大),
      ``マルチチャネル無線LANにおける端末内の送信パケット滞在時間を均等化するチャネル切替法 ,''
      信学情報 , vol. 114, no. 206, NS2014-80, pp. 1-6, 2014年9月.
    3. 福島 昂・谷川陽祐(阪府大) ・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大),
      `` エラ スティック光ネットワークにおける動的な仮予約設定に基づく周波数割当・変更制御,''
      信学情報 , vol. 114, no. 201, PN2014-16, pp. 31-35, 2014年9月.
    4. 岸上 渉,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` Underwater Sensor Networkにおけるノードの移動制御を用いたロバストなデータ収集手法,''
      信学情報 , vol. 144, no. 28, NS2014-30, pp. 33-38, 2014年5月.
    5. 梅野 祐太,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 無線LANマルチキャストにおける端末局の省電力化のための動的マルチレート並行伝送制御,''
      信学情報 , vol. 114,no. 6,NS2014-18,pp.95-100,2014年4月.

    2013年度

    1. 小浜守太・戸出英樹(阪府大),
      `` ノード内光パス構成を考慮に入れたアメーバネットワーク設計法 ,''
      信学情報, vol. 113, no. 472, NS2013-181, pp. 25-30, 2014年3月.
    2. 三浦浩一(和歌山大)・戸出英樹(阪府大)・瀧 寛和(和歌山大),
      `` 車両ネットワークにおける有効距離と有効期限を考慮したデータ配布手法 ,''
      信学情報,vol. 113, no. 472, NS2013-211, pp. 203-206, 2014年3月.
    3. 平井聡士・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) ,
      `` Underwater Sensor Networkにおける傍受情報を利用したHop-by-hop適応型ルーチング ,''
      信学情報, vol. 113, no. 472, NS2013-218, pp. 243-248, 2014年3月.
    4. 高田将司・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
      `` 品質別光パスを持続的に提供する多層型事前経路設計法 ,''
      信学情報, vol. 113, no. 455, PN2013-91, pp. 7-12, 2014年3月.
    5. 的場大輝・小浜守太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
      `` ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する動的な光仮想ノ・[ド構成法の検討 ,''
      電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会 第9回学生ワークショップ, 3 pages, 2014年3月.
    6. ポニャ ケビン・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
      `` KEYWORD-BASED BREADCRUMBS 〜 コンテンツ指向網における未知コンテンツの検索手法 〜 ,''
      信学情報, vol. 113, no. 388, NS2013-166, pp. 19-24, 2014年1月.
    7. 柿田 将幸,谷川 陽祐,戸出 英樹(阪府大),
      `` コンテンツ指向網におけるインネットワーク誘導情報の制約付き配布制御方式 ,''
      信学技報, vol. 113, no. 292, NS2013-126, pp. 61-66, 2013年11月.
    8. 西井健人,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` ネットワーク内誘導による分散資源共有機構をもつ参加型クラウドコンピューティングプラットフォーム ,''
      信学技報, vol. 113, no. 205, NS2013-83, pp. 57-62, 2013年9月.
    9. 吉岡栞,谷川陽介,戸出英樹(阪府大),
      `` 無線LANにおけるフェージング環境下での伝送スループットを向上させる送信スケジューリング ,''
      信学技報, vol. 113, no. 205, NS2013-86, pp. 81-86, 2013年9月.
    10. 寺村拓,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 無線LANにおけるマルチチャネル化とネットワークコーディング再送の適応的連携に基づくチャネルアクセス制御法 ,''
      信学技報, vol. 113, no. 205, NS2013-86, pp. 75-80, 2013年9月.
    11. 福島昂,高田将司,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` QoSに応じたパスを即時提供する光ネットワーク情報管理システムのプロトタイプ実装 ,''
      信学技報, vol. 113, no. 175, PN2013-22, pp. 79-84, 2013年8月.
    12. 平井聡士,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` Underwater Sensor Networkにおける能動的な位置推定とロバストなルーチングの一体化手法 ,''
      信学技報, vol. 113, no. 129, NS2013-67, pp. 179-184, 2013年7月.

    2012年度

    1. 福島昴,高田将司,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` QoS に応じたパスを迅速に提供可能な光ネットワーク 情報管理システムのOpenFlowを用いたプロトタイプ実装と機能検証 ,''
      電子情報通信学会フォトニックネッ・gワーク研究会 第8回学生ワークショップ, 9, pp.29-31, 2013年3月(学生ワークショップ優秀賞 受賞).
    2. 坂尻康隆,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大) ,
      `` 情報収集型サーバにおける受信バッファサイズおよび並列コネクション数の複数TCP間協調動作に基づくQoS制御 ,''
      信学技報, vol. 112, no. 287, NS2012-105, pp. 13-18, 2012年11月.
    3. 坂尻 康隆, 谷川 陽祐, 戸出 英樹,
      `` 情報収集型サーバにおける複数TCP セッション間の協調によるQoS制御の評価 ,''
      情報処理学会関西支部 H24年度支部大会, E-26, 6 pages, 2012年9月.
    4. 柿田 将幸, 谷川 陽祐, 戸出 英樹,
      `` コンテンツ流通網におけるキャッシュノードの過負荷を抑制する誘導情報制 御方式の検討 ,''
      情報処理学会関西支部 H24年度支部大会, E-27, 6 pages, 2012年9月.
    5. Christophe Michard, Y. Tanigawa, H. Tode,
      ``Content-based Switching Network 〜An Architecture for Both Small and Large Contents Switching〜,''
      信学技報, vol. 112, no. 195, PN2012-21, pp. 41-46, 2012年8月.
    6. 高田将司, 谷川陽介, 戸出英樹
      `` 多様なパス設定要求に即時に応答できる光ネットワーク情報管理システム ,''
      信学技報, vol. 112, no. 195, PN2012-20, pp. 35-40, 2012年8月.
    7. 高田将司,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 光ネットワーク情報管理システムにおける動的再利用光パス設定法 ,''
      電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会第8回学生ワークショップ, pp.13-16, 2012年8月31日.
    8. Christophe Michard,Yosuke Tanigawa,Hideki Tode(OPU) ,
      `` On the Versatility of the Content-based Switching Network ,''
      電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会第8回学生ワークショップ, pp.17-20, 2012年8月31日.
    9. 平井聡士, 谷川陽介, 戸出英樹
      `` Underwater Sensor Networkにおける位置推定とルーチングの一体化手法 ,''
      信学技報, vol. 112, no. 131, NS2012-49, pp. 25-30, 2012年7月.
    10. 成川雄也, 谷川陽祐, 戸出英樹,
      `` 光パス長を短縮するBitTorrent over Optical Networkの提案 ,''
      信学技報, vol. 112, no. 87, PN2012-01, pp. 01-06, 2012年6月.
    11. 小浜守太, 多田憲司, 戸出英樹,
      ``柔軟な論理トポロジ変更を可能とするアメーバノード構成法,''
      信学技報, vol. 112, no. 85, NS2012-37, pp. 43-48, 2012年6月.

    2011年度

    1. 多田憲司,戸出英樹(阪府大),
      `` IP/光階層ネットワークにおける光クロスコネクト連携による動的な網構成法 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 475, PN2011-97, pp. 85-90, 2012年3月.
    2. 伊藤 慶,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 多様なルールで適応的に動作する支援ノードとピアを有するBitTorrentシステムの実験的評価 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-248, pp. 387-390, 2012年3月.
    3. 松田慎太郎,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大) ,
      `` マルチチャネル無線LAN環境における隠れ端末を考慮した省チャネル切替制御法 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-237, pp. 323-328, 2012年3月.
    4. 中川美佳,田邊星児,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大) ,
      `` 無線LANにおける選択的ネットワークコーディング再送に基づくマルチキャスト伝送法 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-236, pp. 319-322, 2012年3月.
    5. 伊藤 慶,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` マルチスウォームBitTorrentシステムの実装 : 配信支援ノードとその管理ノードに関する拡張 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 277, NS2011-117, pp. 77-82, 2011年11月.
    6. 戸出英樹(阪府大),金 鍾玉(高麗大),
      `` [招待講演]クロスレイヤアプローチによるQoS制御の高度化 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 245, IN2011-84, pp. 31-36, 2011年10月.
    7. 柿田将幸,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` [奨励講演]複数ASにまたがるコンテンツ指向網に適したインネットワーク誘導情報の配布制御方式 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 232, NS2011-103, pp. 115-120, 2011年10月.
    8. 柿田 将幸, 谷川 陽祐, 戸出 英樹,
      `` コンテンツ流通網におけるインネットワーク誘導情報の配布制御に関する評価 ,''
      情報処理学会関西支部 H23年度支部大会, F-11, 5 pages, 2011年9月.
    9. Kei Ito, Yosuke Tanigawa, and Hideki Tode,
      `` A Study on ExtendedImplementation of Multi-Swarm BitTorrent System with Support Nodes: Support Node and its Manager ,''
      情報処理学会関西支部 H23年度支部大会,F-10, 5 pages, Sep. 2011年9月.
    10. 松田慎太郎,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大) ,
      `` マルチチャネル無線LAN環境における隠れ端末回避のためのチャネル選択制御法 ,''
      信学技報, vol. 111, no. 144, NS2011-60, pp. 63-68, 2011年7月.

    2010年度

    1. 高木祥伍,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` BitTorrent over Optical Network 〜 光ネットワークとP2Pの連携による高速コンテンツ配信システム 〜 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-163, pp. 1-6, 2011年3月.
    2. 谷川陽祐(阪府大),金 鍾玉(高麗大),戸出英樹(阪府大),
      `` 無線LANにおけるEDCAと連携した適応的ネットワークコーディング再送方式 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-198, pp. 199-204, 2011年3月.
    3. ミシャル クリストフ,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` コンテンツベース交換網の構成法 〜 大規模コンテンツ配信のためのネットワーク 〜 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-262, pp. 557-562, 2011年3月.
    4. 柿田将幸,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` コンテンツ流通網における人気度とノード負荷を考慮した誘導情報のアクティブ配布方式 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-263, pp. 563-568, 2011年3月.
    5. 岡本庸平,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` P2Pストリーミングにおける映像情報とユーザの受信状況を考慮した適応的配信方式 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-268, pp. 591-596, 2011年3月.
    6. 横畠誠也,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 配信支援ノードを・LするマルチスウォームBitTorrentシステムの実装と評価 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 448, NS2010-269, pp. 597-602, 2011年3月.
    7. 多田憲司,戸出英樹(阪府大),
      `` [奨励講演]IPルーチング簡素化のための光クロスコネクト連携ノー・hの構成法 〜 複数配置アルゴリズムとその特性 〜 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 431, PN2010-69, pp. 69-72, 2011年2月.
    8. 柿田将幸,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` コンテンツ流通網におけるインネットワーク誘導のためのBreadcrumbs方式の改良 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 372, NS2010-155, pp. 75-80, 2011年1月.
    9. Christophe Michard, Yosuke Tanigawa, Hideki Tode (OPU),
      ``Content Based Switching; An Idea to Lighten Networks,''
      電子情報通信学会 新世代ネットワーク研究会, 第5回研究会, NwGN2010-23, pp.7-12, 2011年11月18日.
    10. 多田憲司,戸出英樹(阪府大),
      `` IPルーチング簡素化のための光クロスコネクトを用いた連携ノード構成法 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 95, PN2010-3, pp. 13-18, 2010年6月(2010年 フォトニックネットワーク若手研究賞).
    11. 高木祥伍,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` OCSネットワークとP2Pの適応的連携に基づくコンテンツ配信システム ,''
      信学技報, vol. 110, no. 93, NS2010-31, pp. 19-24, 2010年6月.
    12. 戸出英樹(阪府大),
      `` [招待講演]光ネットワーキング技術の研究動向と将来展望 〜 コンテンツベーススイッチングネットワークの提案 〜 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 95, PN2010-7 (NS2010-34, OCS2010-16), pp. 37-42, 2010年6月.
    13. 岡・{庸平,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 映像の構成情報と配信状況を考慮した高品位P2Pストリーミングシステム ,''
      信学技報, vol. 110, no. 39, NS2010-21, pp. 31-36, 2010年5月(2010年 ネッ・gワークシステム研究賞受賞).
    14. 伊藤大要,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` マルチスウォームP2P環境における配信支援ノードの適応的分配法 ,''
      信学技報, vol. 110, no. 39, NS2010-22, pp. 37-42, 2010年5月.

    2009年度

    1. 谷川陽祐(阪府大),金 鍾玉(高麗大),戸出英樹(阪府大),
      `` 無線LANにおける順序制御遅延を考慮したネットワークコーディング再送方式 ,''
      信学技報, vol. 109, no. 326, NS2009-127, pp. 39-44, 2009年12月.
    2. 榊原真生,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
      `` 誤り訂正技術を用いたTCPによる高信頼通信方式 ,''
      信学技報, vol. 109, no. 228, NS2009-85, pp. 49-54, 2009年10月.
    3. 平石 武,戸出英樹(阪府大),
      `` 配信支援ノードを有するP2Pネットワークの構成法 ,''
      信学技報, vol. 109, no. 36, NS2009-27, pp. 61-66, 2009年5月.

全国大会

      2016年度総合大会(名城大学)

      1. 井上 翼・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 無線センサ網における無線チャネル予約に基づく緊急パケットの優先伝送手法の検討 ,'' 2017年電子情報通信学会総合大会, B-6-6, Mar. 2017.

      2. 川西修平・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 無線LANにおける複数端末と基地局の連携による不正使用端末の位置特定法の検討 ,'' 2017年電子情報通信学会総合大会, B-6-15, Mar. 2017.

      3. 上田一貴・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 無線LAN 高密度配置環境における伝送スループットを向上させる複数フレーム同時伝送法の検討 ,'' 2017年電子情報通信学会総合大会, B-6-17, Mar. 2017.

      4. 小田悠太郎・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` Service Chaining のためのIn-network誘導技術に基づくVNF探索法の検討 ,'' 2017年電子情報通信学会総合大会, B-6-27, Mar. 2017.

      5. 端野宏太郎(阪府大)・廣田悠介(阪大)・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大), `` 空間分割多重型光ネットワークにおけるクロストークを考慮した周波数/コア資源割当手法の提案 ,'' 2017年電子情報通信学会総合大会, B-12-7, Mar. 2017.

      6. Anh Huy Nguyen・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Prefecture Univ.), `` A Study on Scheduling to Improve the Performance of Periodic Flows in Wireless Sensor Networks ,'' Proc. of the 2016 IEICE General Conference, BS-1-37, Mar. 2017(English Session).

      7. Hong Nam Le・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Prefecture Univ.), `` A Study on Routing for Layered Underwater Sensor Networks depending on the Change of Ocean Current Speed in Depth ,'' Proc. of the 2016 IEICE General Conference, BS-1-42, Mar. 2017(English Session).

      2015年度総合大会(九州大学)

      1. 立川翔太・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大),
        `` 地域による高齢者見守りネットワークの実現法に関する検討 ,''
        2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-3, Mar. 2016.
      2. 戸田貴裕・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大),
        `` スキップグラフにおける空間的局所性を考慮したメンバシップベクトル割り当て法の提案 ,''
        2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-39, Mar. 2016.
      3. 中野啓太・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大),
        `` ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光パス設計法の検討 ,''
        2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-62, Mar. 2016.
      4. 出島誠也・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大),
        `` ZigBeeネットワークにおける無線LAN通信の併用によるホップ数削減手法 ,''
        2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-101, Mar. 2016.
      5. 西田侑太・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大),
        `` ユニキャスト/マルチキャスト混在無線LANにおけるチャネル品質に基づく送信スケジューリング法の検討 ,''
        2016年電子情報通信学会総合大会, B-6-105, Mar. 2016.
      6. 前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大),
        `` 光パス・パケット統合網におけるOpenFlowを用いたオフローディング手法の検討 ,''
        2016年電子情報通信学会総合大会, B-12-4, Mar. 2016.

      2014年度総合大会(立命館大学)

      1. Christophe Michard・Masayuki Kakida・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Pref. Univ.) ,
        `` A Basic Implementation and Evaluation of Distribution Control of Query and Cache Guidance Information ,''
        Proc. of the 2015 IEICE General Conference, BS-3-44, Mar. 2015(English Session).
      2. 勘座基弘・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大) ,
        `` GAによるトラヒック負荷バランスを考慮に入れたマルチパス設計の検討 ,''
        2015年電子情報通信学会総合大会, B-12-16, Mar. 2015.
      3. 大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大) ,
        `` 光フラットネットワークのためのトラヒック分散型マルチパス経路選択の検討 ,''
        2015年電子情報通信学会総合大会, B-12-15, Mar. 2015.
      4. 戸田貴裕・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) ,
        `` BitTorrentにおけるflash crowdsに応じたスケジューリング法の検討 ,''
        2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-129, Mar. 2015.
      5. 稲場裕太郎・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) ,
        `` CDNとリアクティブ型網内誘導方式との連携制御に関する検討 ,''
        2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-125, Mar. 2015.
      6. 天津惟央・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大) ,
        `` スマートメータネットワークでの複数DODAG環境における稼働シンク切り替え手法の検討 ,''
        2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-63, Mar. 2015.
      7. 大森康平・戸出英樹・谷川陽祐(阪府大) ,
        `` 無線LANにおけるRTS/CTSハンドシェイクとバースト送信を用いた端末局省電力化手法の検討 ,''
        2015年電子情報通信学会総合大会, B-6-28, Mar. 2015.

      2013年度総合大会(新潟大学)

      1. Kevin POGNART・Yosuke TANIGAWA・Hideki TODE(Osaka Prefecture Univ.),
        `` KEYWORD-BASED IN-NETWORK GUIDANCE ARCHITECTURE TO SEARCH UNKNOWN CONTENTS IN A CONTENT-ORIENTED NETWORK ,''
        2014年電子情報通信学会総合大会,BS-1-54, Mar. 2014(English Session).
      2. 的場大輝・小浜守太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
        `` ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する動的な光仮想ノード構成法 ,''
        2014年電子情報通信学会総合大会, B-12-7, Mar. 2014.
      3. 岸上 渉・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
        `` Underwater Sensor Network における可動ノードを用いたノード間リンク品質改善手法 ,'' 2014年電子情報通信学会総合大会,
        2014年電子情報通信学会総合大会, B-12-7, Mar. 2014.
      4. 堂村裕史・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
        `` ヘルスケアセンサネットワークのための周期的なトラヒックの位相調整制御 ,''
        2014年電子情報通信学会総合大会, B-6-139, Mar. 2014.
      5. 梅野祐太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大),
        `` 無線LANマルチキャストにおけるマルチレート並行伝送による端末局の省電力化手法 ,''
        2014年電子情報通信学会総合大会, B-6-123, Mar. 2014.

      2012年度総合大会(岐阜大学)

      1. Christophe Michard,Yosuke Tanigawa,Hideki Tode(Osaka Prefecture Univ.),
        `` A Proposal of Packet- and Circuit-switching Planes Unification in Hybrid Networks Using the Content-based Switching Network ,''
        2013年電子情報通信学会総合大会, BS-1-57, Mar. 2013.
      2. 橋本剣一,柿田将幸,谷川陽祐,戸出 英樹,
        ``Breadcrumbs方式における?クエリの適応的拡散による?キャッシュ誘導情報の探索手法 ,''
        2013年電子情報通信学会総合大会, B-6-130, Mar. 2013.
      3. 寺村拓,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` マルチチャネル無線LANにおけるネットワークコーディング再送の機会に基づくチャネル切替法 ,''
        2013年電子情報通信学会総合大会, B-6-20, Mar. 2013.
      4. 西井健人,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` Breadcrumbsの応用によるオープン化された資源共有システム ,''
        2013年電子情報通信学会総合大会, BS-2-6, Mar. 2013.
      5. 福島昂,田将司,谷川陽祐,戸出英・(阪府大),
        `` QoS に応じたパスを迅速に提供可能な光ネットワーク情報管理システムのOpenFlowを用いたプロトタイプ実装 ,''
        2013年電子情報通信学会総合大会, B-12-14, Mar. 2012.
      6. 吉岡 栞,谷川陽介,戸出英樹(阪府大),
        `` 無線LANにおけるフェージングによるパケットロスを回避する送信スケジューリング法の提案 ,''
        2013年電子情報通信学会総合大会, B-6-19, Mar.2013.

      2011年度総合大会(岡山大学)

      1. 小浜守太,多田憲司,戸出英樹(阪府大),
        `` IPルーチング簡素化のための柔軟なアメーバノード構成法 ,''
        2012年電子・ア通信学会総合大会, B-6-68, Mar. 2012.
      2. 坂尻康隆,谷川陽介,戸出英樹(阪府大),
        `` 情報収集型サーバにおける複数TCP セッション間の協調によるQoS 制御の提案 ,''
        2012年電子情報通信学会総合大会, B-6-137, Mar. 2012.
      3. 戸出英樹,田将司,谷川陽祐(阪府大),
        `` 経路,サーバ選択連動型サービスのための光ネットワーク情報管理システム ,''
        2012年電子情報通信学会総合大会, B-12-14, Mar. 2012.
      4. 田将司,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` 光ネットワーク情報管理システムにおける多重オーバレイを用いたQoS別波長パス設定法 ,''
        2012年電子情報通信学会総合大会, B-12-15, Mar. 2012.
      5. 成川雄也,谷川陽介,戸出英樹(阪府大),
        `` 光ネットワークにおける地域性を考慮したP2P コンテンツ配信システム ,''
        2012年電子情報通信学会総合大会, B-6-110, Mar. 2012.
      6. 平井聡士,谷川陽介,戸出英樹(阪府大),
        `` Underwater Sensor Network に・ィける位置推定とルーチングの一体化手法の提案 ,''
        2012年電子情報通信学会総合大会, B-6-104, Mar. 2012.

      2010年度総合大会(東京都市大学)

      1. 川橋 裕,戸出英樹(阪府大),
        `` 情報危機管理演習におけるASP環境の構築と運用 ,''
        2011年電子情報通信学会総合大会, B-16-1, Mar. 2011.
      2. 横畠誠也,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` 配信支援ノードを用いたBitTorrent配信システムの構築と実証実験 ,''
        2011年電子情報通信学会総合大会, B-6-108 , Mar. 2011.
      3. 田邊星児,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` 無線LANマルチキャストにおけるBlock ACK情報に基づく選択的ネットワークコーディング再送法 ,''
        2011年電子情報通信学会総合大会, B-6-60, Mar. 2011.
      4. 松田慎太郎,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` マルチチャネル無線LAN環境における隠れ端末を考慮したチャネル切替法 ,''
        2011年電子情報通信学会総合大会, B-6-59, Mar. 2011.

      2010年度ソサイエティ大会(大阪府立大学)

      1. 柿田将幸,谷川陽祐,戸出英・(阪府大),
        `` コンテンツ流通ネットワークにおけるインネットワーク誘導情報のアクティブ配布方式の提案 ,''
        2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-6-63, Sep. 2010.
      2. 谷川陽祐(阪府大),金 鍾玉(高麗大),戸出英樹(阪府大),
        `` 無線LANにおけるTCP/UDPフローの属性に応じたネットワークコーディング再送方式の提案 ,''
        2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-6-75, Sep. 2010.

      2009年度総合大会(東北大学)

      1. 高木祥伍,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大),
        `` OCSネットワークと連携したP2Pコンテンツ配信システムの提案 ,''
        2010年電子情報通信学会総合大会, B-12-3, Mar. 2010.
      2. 岡本庸平,谷川陽祐,戸出英樹(阪府大) ,
        `` 映像情報の重要度を考慮に入れた高品位P2Pストリーミングシステムの提案 ,''
        2010年電子情報通信学会総合大会, B-6-71, Mar. 2010.
      3. 三浦浩一,掛田悟史(和歌山大),戸出英樹(阪府大),瀧 寛和(和歌山大),
        `` 車両ネットワークにおけるアクセス頻度を考慮したデータ配布手法の検討 ,''
        2010年電子情報通信学会総合大会, B-6-10, Mar. 2010.

研究実績に戻る。