Underwater Wireless Sensor Networks


研究背景

近年, 資源探索・生態系調査・地震予測等の目的で水中探査需要が高まりつつあり, 水中センサネットワークが注目を集めている. センサ端末を水中に散布し,測定した情報を水中通信により収集することで, 広範囲の領域を効率的かつ低コストに探査することができる. しかし,光レーザや電波は水による吸収や散乱の影響を強く受け, 非常に短距離でしか通信ができないため, 地上で広く用いられる無線ネットワークをそのまま適用することはできない. そこで,水中では, 海中ソナー等で広く用いられてきた音波を媒体とした通信を行うことが一般的である. しかし,音波は,地上における電磁波や光媒体と比較して以下のような特性をもつ.

そのため,水中環境に適したプロトコルを確立する必要がある. 本研究室では,水中環境において以下のような研究を行っている.

図:水中センサネットワーク環境の例

研究内容

1.位置推定とルーチングの一体化

これまで別個に議論されてきた位置推定とルーチングに対し, 位置推定で用いられる制御パケットを拡張することにより, 位置推定とルーチングを同時に行う手法を提案している.

本研究では、

などを目的としている.


研究紹介に戻る。