無線ネットワークにおける広帯域通信


研究背景

近年、無線通信技術の進歩に伴い、様々な環境において無線ネットワークが利用されている。 しかし、無線チャネルの利用可能帯域は有線環境と比較して小さく、 さらに異なるパケット間の衝突や干渉によりチャネルの利用効率が低下する。 そのため、チャネルの利用効率を改善しつつ、ネットワークの通信帯域を向上させる必要がある。

研究内容

無線ネットワークにおけるチャネル利用効率の向上手段として、 ネットワークコーディング (NC) の適用が注目されている。 NCを適用したパケット送信では、送信局は複数パケットをXOR演算により1パケットにエンコードして送信する。 受信局では、エンコードされたパケットを受信すると、予め傍受した他局宛パケットとXOR演算することで自局宛パケットを復元できる。 このようなパケット送信により、1回の送信処理で複数パケットの同時送信が可能となる。

本研究テーマでは、このようなNCを有効に適用したパケット送信を無線局が自律的に行うことで、 チャネル帯域の利用向上を実現するチャネルアクセス制御方式について研究を行っている。


研究紹介に戻る。